日本の通貨に関する5つの重要な事実

Last updated on 4月 30th, 2024 at 11:03 pm

japanese currency, the yen

日本は美しい風景、豊かな文化、魅力的な歴史で有名で、世界の通貨市場でも主要プレーヤーです。日本企業と市場は世界の経済ニュースでは目立って大きな位置を占めています。日本の通貨「円」は、最も幅広く使用されている世界の通貨のひとつです。

日本を訪問するか、日本に送金を予定しているなら、日本の通貨に関して学ぶことから始めるとすばらしいでしょう。さらに、海外送金の為替レートと価格設定を理解することに加え、円の歴史と現在どのように使用されているのかを知ることも価値があります。

日本の通貨の基本

日本の通貨に関する基本情報から始めましょう。通貨コードはJPYで、¥100などのように数字の前に ¥ の記号を使うことができます。これは中国元で使用される記号と同じ通貨記号です。日本語で書く時には、yenの文字は「円」です。

円を発行する銀行は、国の中央銀行である日本銀行 (BOJ) で、東京にあり、国の金融施策を設定します。

多数の通貨同様、日本の通貨には、硬貨と紙幣の2つの型式があります。最も一般的な紙幣の種類は以下の通りです。

  • 1,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

100円、500円、2,000円などその他の種類もありますが、滅多に使用されないか、もう製造されていません。

硬貨の種類は以下の通りです。

  • 1円
  • 5 円
  • 10円
  • 50円
  • 100円
  • 500円

「円」には複数形の形式がないので、1円硬貨、500円硬貨、10,000万円紙幣など、日本の通貨のどの金額も「円」と呼ばれます。副単位は銭と厘がありますが、2つとももう流通されていません。

「厘」硬貨は、円の1/1,000の価値がありましたが、今ではコレクターアイテムだけになっています。

日本円に関する5つの興味深い事実

円は歴史的にも文化的にも重要性を持っており、日本経済を超えて広がっています。この5つの興味深い事実で歴史全体と世界における日本の通貨の重要な役割を見て行きましょう。

1. 日本の文化は歴史がありますが、円は比較的新しい

日本の歴史は何千年も遡りますが、現在の日本円は新貨条例の移行で1871年に登場しました。

この時代は徳川幕府による軍政の終わりと、主要な政治、経済、そして社会の変動期間である明治維新の始まりを示しています。

円は、「文」という銅貨を使ったもっと複雑な貨幣制度に取って代わりました。その導入後まもなく、日本銀行は新たな通貨を金本位制に一定させ、1931年まで状況が続いた下落を防ぎました。

第二次世界大戦後、米国の占領下において、円は米ドルに一定されました。そのため、1米ドルは、¥360相当でした。この協定は1971年まで続きました。

2. 有名人物が日本円紙幣を飾っている

世界の多くの紙幣同様、それぞれの日本円紙幣には国の主要人物が描かれています。その中で紙幣に用いられているのは次の人物です。

  • 野口英雄(1,000円札):著名な細菌学者
  • 樋口一葉(5,000円札):詩人、小説家、当時の重要な女性作家
  • 福沢諭吉(10,000円札):作家、教育者、大学と新聞を構築した新聞経営者

3. 日本円は世界第3位の最も取引されている通貨

円は米ドル、スイスフラン、英ポンドなどの強固な世界通貨の小さな集団の一部です。この記事を書く時点で、円は米ドルとユーロに次いで、世界第3位の最も取引されている通貨です。

シンガポールドル中国元を抜き、アジアで最も取引されている通貨でもあります。これは、日本に製造分野と高値の輸出の成功が大きく起因しており、投資家には、避難通貨として人気になっています。

4. 「円」という言葉には単純な意味がある

「円」という言葉は、英語で「丸いもの」と翻訳され、硬貨の形を表しています。日本では、多くの人が円のことを、通貨という日本語である「お金」と呼びます。

5. 日本円は最も安全な通貨の形

円は偽造が非常に難しい通貨です。世界の多数の主要通貨動揺、以下のセキュリティ機能を併せて利用しています。

  • 透かし
  • 超微細な線の印刷
  • ホログラム
  • 発光性インク
  • マイクロプリント

円の紙幣と硬貨は、公式ルート外で複製することはほぼ不可能です。そのため、詐欺やマネーロンダリングのリスクは低くなっています。

Japanese currency: Japanese yen banknotes

日本円の両替と使用

日本への転居や訪問を計画しているなら、滞在中に製品やサービスに支払うオプションがいくつかあります。

現金の使用は、支払いには万国共通で効率的な方法です。東京や大阪などの大都市以外にいる場合には特にそうです。安価なサービスやアイテムへの支払いにも簡単な方法です。日本の店主は外国通貨を受け入れないため、ドル、ポンド、その他の通貨は地元の店舗では法定通貨として使用できません。

現金を手に入れるためには、空港や郵便局で持ち金を両替することができます。より良い為替レートには、ATMを利用しましょう。ですが、すべての日本のATMが海外のデビットカードを受け入れるわけではありません。安全のために、海外デビットカードを受け入れる郵便局のATMセブン銀行のATM(セブンイレブンコンビニエンスストア内)をチェックしてください。

クレジットカードはどうでしょうか?Mastercard、Visa、American Expressカードを持って旅行する場合には、日本で幅広く利用できるでしょう。神戸、横浜、京都などの主要都市のほとんどの店舗で海外のクレジットカードを受け入れます。

クレジットカードでの支払いは便利かも知れませんが、一部のカードは海外購入では高めの手数料を請求します。銀行に電話をして、予め適用される手数料について確認し、可能であれば現地通貨を使って支払うのが最適です。

日本の通貨の為替レートを理解する

海外でのお金の利用や送金時には、為替レートを念頭に置いておくことが大切です。

為替レートは、世界取引から国内選挙に至るまでの複数の経済、政治的要因に基づいて異なります。例えば、日本円が強固な通貨でも、インフラのために一部の通貨と比較して価値が低くなります。

米ドル (USD)、カナダドル (CAD)、ユーロ (EUR)、豪ドル (AUD)、ニュージーランドドル (NZD)、英ポンド (GBP) などのリアルタイムの為替レートをチェックするオプションは多数あります。

オンラインの通貨コンバーターや銀行でのチェック、選んだ銀行や送金アプリを使って、現在の為替レートを確認できます。

私たちのアプリやウェブサイトで、Remitlyを使って現在のレートを確認しましょう。

日本への送金

海外から日本に送金することに関心があるなら、新しい技術で以前にも増して簡単になっています。Remitlyのような海外送金サービスを利用すると、送金アプリを通じて、資金を安全にすばやく送金できます。通常は高めではありますが、従来の銀行電信送金は別のオプションです。

日本への送金方法を知って、Remitlyから現在の為替レート情報を確認しましょう。新規顧客として、最初の送金時に特別オファーを入手できます。

Bikes parked outside a store