移民向けの仕事:米国で働くために必要なこと

Last updated on 6月 22nd, 2024 at 09:28 pm

People looking at the US flag

2021年、おおよそ180万人1の臨時労働者とその家族が、自国の家族を支援するために米国に移り、医学から建設に至るまで複数の分野で働きました。移民人気の仕事や、その見つけ方について詳しく知りましょう。

移民の一般的な仕事は?

移民は、約 17%の米国の労働力を占め、あらゆる類の職業で、全分野において雇用されています。 管理サービス、建設、サービス業、農業分野などの一部の業界では、高い割合で移民を雇います。

移民の一般的な仕事には、ネイリスト、農産物の選別者、漆喰塗り師、裁縫機械操作員、家政婦などがあります。

コンピューターサイエンスは、米国の移民の間で人気の別の職業です。カリフォルニア州のサンフランシスコやオークランドなどのベイエリアの都市や、国全体で才能ある技術専門家の大きな需要を反映しています。

移民は米国全土に住んでいますが、労働者が多めの州もあります。

国土安全保障省 (DHS)のデータによると、カリフォルニア州は臨時労働者の移民人口が最も多く、 その後にニューヨーク州テキサス州フロリダ州が続きます。

移民の仕事の見つけ方は?

ほとんどの米国ビザは雇用ベースです。つまり、米国で仕事する資格の一部として、仕事のラインアップが必要になるということです。

雇用主は、米国民や永住者以外の人を雇用する許可が必要です。最初の手順は、すでにその証明書を保有する、または適切な候補者を進んで求める雇用主の職務に応募することです。

海外から応募している場合、自国の米国大使館が直近の仕事説明会や労働者を探している会社に関する情報を持っているかもしれません。

移民の仕事検索に役立つ米国のウェブサイトもいくつかあります。

農業、建設、その他の業界で、季節または臨時の仕事を探しているなら、労働省 に、仕事探しに使用できる仕事検索ポータルがあります。

学士号などの高学歴の方であれば、新しい移民が米国でキャリアを再スタートするのに役立つ非営利全国組織のUpwardly Globalをチェックしましょう。

移民にリソースを提供している別の非営利組織は、インディアナポリスにあるImmigration Welcome Centerです。同社のウェブサイトでは、英語のクラス、法的サービス、仕事リストのインタラクティブなマップを提供しています。

USA Helloも、米国で仕事探しをしている移民向けのすばらしいリソースです。この組織には仕事を探す場所、履歴書の作成方法、米国の高等学校卒業証書を得るために勉強できる場所に関する情報があります。

最後に、仕事探しにはIndeed、LinkedIn、Monster、ZipRecruiterなどの、米国の仕事探しウェブサイトを利用することができます。検索条件「ビザスポンサー」を利用して、ビザの申請者を進んで後援する従業員を見つけてみてください。

米国での仕事のビザ要件は?

ビザ要件は、非移民ビザと呼ばれる短期滞在ビザか、グリーンカードとも呼ばれる永住ビザのどちらを申請しているかによってさまざまです。

短期滞在H-2ビザを申請している場合、最初の手順は、米国企業から雇用の申し出を受けることです。次に、DS-160フォームをオンラインで入力します。このフォームの入力には手数料はかかりません。

このフォームの確認番号を取得したら、USTravelDocsでアカウントを設定できます。この時点で、申請をするために機械読み取り式ビザ (MRV) 手数料を支払う必要があります。

プロフィールを作成して手数料を支払った後に切り替えられ、米国大使館で予約の計画を立てるか、郵送で文書を提出します。

次の文書を送る必要があります。

  • I-797Bフォームのコピー(これは、雇用主が米国であなたが仕事をできるようにすべきフォームです)
  • DS-160確認ページ
  • 最低6か月間有効なパスポートのほか、以前使用したパスポートかビザ
  • 2 x 2インチ (5×5 cm) で、白い背景のカラー写真

短期滞在ビザと季節の仕事

米国への入国には、80クラスのさまざまな短期滞在(非移民)ビザがあります。最も一般的なタイプは観光客および出張者向けで、国の訪問は可能ですが仕事はできません。

仕事のために米国に移住する移民の最も一般的なビザは、H-2A、H-2B、そしてH-1Bビザです。

H-2Aは季節の農業労働者に提供され、 H-2Bビザは農業以外の職務の臨時労働者向けです。

H-2 ビザがあると、労働者は米国に最長1年滞在できます。ただし、雇用主がもっと長く必要であると証明できる場合、あと2回更新が可能で、最長3年間滞在できます。

短期滞在のH-2ビザを申請している場合、最初の手順は、米国企業から雇用の申し出を受けることです。次にDS-160フォームをオンラインで入力します。このフォームの入力には手数料はかかりません。

このフォームの確認番号を取得したら、USTravelDocsでアカウントを設定できます。この時点で、申請をするために機械読み取り式ビザ (MRV) 手数料を支払う必要があります。

次の文書を送る必要があります。

  • I-797Bフォームのコピー(これは、雇用主が米国であなたが仕事をできるようにすべきフォームです)
  • DS-160確認ページ
  • 最低6か月間有効なパスポートのほか、以前使用したパスポートかビザ
  • 2 x 2インチ (5×5 cm) で、白い背景のカラー写真

H-1Bビザ は、専門職向けに確保されている臨時労働ビザの別のタイプのものです。普通は、高度な教育や専門職経験を必要とする分野で仕事をする専門家に発行されます。

他のHビザ同様、このビザは更新が必要で、最終的に期限がある短期滞在ビザです。

正規採用向けの米国ビザ

毎年、米国移住を希望する外国人労働者は、約14万通の雇用ベースの永住者移民ビザを入手できます。この雇用ベース (EB) ビザは、グリーンカードとして知られる永住ビザです。

申請を始めるためには、米国の雇用主は米国民や永住者ができないフルタイムの仕事を申請者に提供しなければなりません。

EBビザの流れは5つあります。ビザは、選択肢の流れという点ではEB-1が最も獲得されています。 このビザの基準は高く、CEO、アスリート、映画スターなどを考えてください。

他のEBビザクラスの要件は、教育や仕事経験が 低めなので、エントリーレベルの仕事を探している人のほか、自分の分野でトップにいる人にチャンスがあります。

これらのビザは永住者ビザのため、ビザ所持者は、ビザ条件を遵守していれば無期限に滞在できます。

このタイプのビザのマイナス面は、1年で14万通という制限があることと、処理時間です。短期滞在ビザは、通常は数か月内で獲得できるのに対し、永久ビザは処理に数年かかる可能性があります。

米国で永住権を獲得する別の方法は、「グリーンカード抽選」としても知られるDiversity Immigrant Visa Programに申請することです。このビザは、米国への移民レベルが低い国の国民に、毎年約5万通発行されます。

新しい移民としてどこで手助けをしてもらえますか?

米国市民権・移民業務局 (USCIS) に米国移住に関するガイドがあり、開始するのにすばらしい場所です。仕事を得る方法から、連邦の休日やヘルスケアシステムの仕組みに至るまですべて取り扱っています。

法的サービスをお探しなら、National Immigrant Justice Centerが移民の権利に関するアドバイスや、低所得の移民のための法的コンサルタントを提供しています。

金融情報に関しては、Remitlyに税金の申告方法から米国から自国に送金する方法に至るまですべてのことに関するすばらしい情報があります。

定住したら、自分の住んでいる都市やソーシャルメディアからヘルプやアドバイスを見つけることができるかも知れません。

仕事を見つけた後に次の措置を講じる

米国での生活が落ち着いた後、多くの移民は海外に送金する選択をして、自国の大切な人を支援します。海外送金をしているなら、定期的に送金するのに便利でお手頃な方法を探す必要があります。

Remitlyを利用して、すばやく安全に送金しましょう。この送金アプリは、銀行レベルのセキュリティを提供し、常にすばらしいレートで隠された費用はありません。そのため、さらに多く自国に送金できます。

途中のすべてのステップの更新と着金の保証日を受け取るので、お金がいつ到着するのかを知ることができます。

今すぐ Remitlyアプリをダウンロードして始めましょう。

もっと読む